質問にお答えします

サンクチュアリ教会世界宣教本部のティモシー・エルダーです。

恐縮ながらも、私も日本語でブログを始めることを決心しました。これまで1年ほどの間、ほとんど毎日ブログ村を訪問して皆さんのブログを数多く読ませていただきました。そして私がそこで果たす役割は無いのではないかと思ってきました。

しかし、サンクチュアリ系統ブログ専門のカテゴリーができるなどの環境変化に伴い、もしかしたら私の役割もあるかもしれないと考えるようになりました。

とりあえず、主にサンクチュアリ教会に対する質問にお答えする形で進めて行く考えです。質問をどしどし送ってください。

shitumonshimasu@gmail.com を、質問を送っていただく専用のメールアドレスとして設けました。「t」の後に「s」がありません。ご注意ください。

2世がいて祝福が壊れた場合

)食口と話す中で、いろんなシチュエーションが出てきました。

①食口の親で、片方が霊界に行っている夫婦。

)地上界におられる方が、霊界におられる特定の相手と祝福を受けることは可能です。申請してください。


)②霊肉マッチング 結婚できずに年取った人、結婚が怖い人・わずらわしい人などが、霊肉マッチングを受けたがるようです。

)霊界の相手が特定されない場合の祝福は、現在のところ受け付けておりません。


それにしても「結婚がわずらわしいので霊肉祝福を望む」と言うのは困りますね。確か1980年代だったと思いますが、「旦那は元気で留守がいい」と言うセリフが登場するテレビ広告が日本にあったように覚えています。最近はそこから更に進んで「旦那は死んで霊界にいるのがいい」と言う女性が増えているようです。韓氏オモニなどが「死んだ亭主を好む女性」の典型のように思えます。お父様の摂理とは矛盾しますね。祝福の相手は、なるべく肉体を持った人を選びましょう。


)②に付随して、2世がいて祝福が壊れた姉妹の場合、アベルによって助言が異なりました。

)サンクチュアリ教会では、「あなたはこうしなさい、ああしなさい」とは言いません。出来るだけ多くの選択肢を紹介して、それぞれの選択肢がもたらすと予想される結果を十分説明しますが、最後の決定はあくまでも個人の責任です。


お父様は、祝福の解消(離婚)理由として次の3通りを認められと認識しています。1)堕落、2)離教、3)子供が作れない、などです。尚、サンクチュアリ教会はお父様の摂理の正統ですので、夫婦で一人がサンクチュアリに属し、もう一人が家庭連合に残る場合は、家庭連合に残る方の「離教」とみなすことが可能です。


上の離婚理由の一つ以上が該当する場合、実際離婚に踏み切るかどうかは、夫婦のうち「被害者」にあたる方が決定権を持ちます。


質問者が紹介された姉妹の事情はかなり難しいですね。私がお役に立てるようでしたら、ご本人が直接連絡するように勧めてあげてください。そうでなければ、現在お父様の権威のもとにおられる方に相談されることをお勧めします。

お答えしない質問

)亨進様の御言葉と天聖経を読ませていただいているのですが、「神様を父」と呼ばれているところと、「神様は人類の真の父母、実体の父母として存在されるのです」と二つの表現がされているのですが、どのように受け止めるべきですか?


もしアダムとエバが堕落しなかったならば、神様は人類の父母と表現されたのですか?


堕落してしまった為に、神様を父としか呼べないのですか?もしお母様も完成された後だったら、問題なかったのでしょうか?


もう一つの質問は、今回の亨進様の御言葉で「全ての妻たちのアダムは誰ですか?夫ではないですよ。キリスト、再臨主、絶対主体」と語ってくださいましたが、これも人間が堕落した為、復帰摂理だからですか?


もしアダムとエバが堕落しなかったならば、メシヤ、救世主は必要なかったのですから、夫はアダム、妻はエバだったんでしょうか?


)重要な質問であり、私なりに答えを持っているつもりですが、この類の質問にはなるべくお答えしないことにしています。


原理を聞いてお父様を再臨主、真の父母として受け入れ、お父様に直接侍った既成教会のある牧師がこんなことを言っていました。「お父様にはいろいろと質問をしたが、ほとんどの場合、微笑みながら、その答えはあなたが祈って求めなさいとだけ言われた」と。


真理は、探求の過程を経てこそ、真の意味で自分のものになる物かもしれません。「意地悪な答え」と誤解なされないよう、お願いいたします。


プロテスタント教会の聖餐式?いいですよ。

)交流のために、プロテスタント教会の礼拝に参加して、聖餐式が行われた場合、それに参加してもよろしいのでしょうか?偽基元節の聖酒のような、悪い効果がありますでしょうか?


またパンを取り、感謝してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、「これは、あなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。(ルカ伝22章19節)


イエス様とお父様が一つであられることを考えると、聖餐式は私達にとってもすばらしい意味があります。そのパンと葡萄酒は、私達に与えられたお父様の体であり血です。お父様を記念するために行われる儀式です。


特にプロテスタント教の福音派に属する多くの宗派は、現在世界各地で教勢を著しく伸ばしています。これは、神様の祝福がこれらの宗派に与えられている証と言えるでしょう。お父様は家庭連合をサタンに渡し、それと引き換えに福音派キリスト教をサタンから奪い取ったのではないかとの説(国進様)もあります。


家庭連合の「聖酒」が実際には毒酒なのは、韓氏オモニがサタンと一つになり、家庭連合をサタンの主管のもとに置いたためです。今日の家庭連合は霊的にとても低い位置にあります。儒教、仏教、イスラム教よりも低い位置です。福音派キリスト教とは大きな違いです。