質問にお答えします

サンクチュアリ教会世界宣教本部のティモシー・エルダーです。

恐縮ながらも、私も日本語でブログを始めることを決心しました。これまで1年ほどの間、ほとんど毎日ブログ村を訪問して皆さんのブログを数多く読ませていただきました。そして私がそこで果たす役割は無いのではないかと思ってきました。

しかし、サンクチュアリ系統ブログ専門のカテゴリーができるなどの環境変化に伴い、もしかしたら私の役割もあるかもしれないと考えるようになりました。

とりあえず、主にサンクチュアリ教会に対する質問にお答えする形で進めて行く考えです。質問をどしどし送ってください。

shitumonshimasu@gmail.com を、質問を送っていただく専用のメールアドレスとして設けました。「t」の後に「s」がありません。ご注意ください。

旧約と新約があっての成約

)原理講論総序に聖書は古いともしびであり その使命は終わるのである、と書かれています、ここを読んだ人は聖書を読まなくなるでしよう、亨進様の言う事と反対です。

  初代教会長をした ユー孝元氏はなぜこんなことを書いたのか、おかしいです、聖書を馬鹿にしたことばです。
  家庭連合の日本会長を2度勤めた大塚克己氏は言いました、全体の集会で「聖書でイエスキリストは言いました…私は何も言っていない…と だからイエスは何も語っていないのだ。」
  と、この大塚氏の言葉とユー孝元氏の言葉が心から消えません、「聖書を読むな」と、言っているかのようです。 おかしな人たちです コメントをお願いいたします。


)私はこう考えます。

大学の教科書を知り尽くした人に高校時代の教科書はすでに必要ないでしょう。

しかし、高校の教科書も学んでいない人に、大学の教科書は理解できません。


同じように、聖書を学ばない人に原理が理解できるはずがありません。旧約と新約があっての成約です。


お父様は聖書を知り尽くしておられ、その土台の上で原理を書かれました。そのようにして書かれた原理を、私達が聖書を知らずしてどうやって理解できるでしょうか。


大塚克己氏は現在、お父様を裏切り、お父様からいただいた祝福を失った立場です。もし聖書を十分に学んでいたなら、このような裏切りをしなかったのではないでしょうか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。