質問にお答えします

サンクチュアリ教会世界宣教本部のティモシー・エルダーです。

恐縮ながらも、私も日本語でブログを始めることを決心しました。これまで1年ほどの間、ほとんど毎日ブログ村を訪問して皆さんのブログを数多く読ませていただきました。そして私がそこで果たす役割は無いのではないかと思ってきました。

しかし、サンクチュアリ系統ブログ専門のカテゴリーができるなどの環境変化に伴い、もしかしたら私の役割もあるかもしれないと考えるようになりました。

とりあえず、主にサンクチュアリ教会に対する質問にお答えする形で進めて行く考えです。質問をどしどし送ってください。

shitumonshimasu@gmail.com を、質問を送っていただく専用のメールアドレスとして設けました。「t」の後に「s」がありません。ご注意ください。

万物復帰と万物主管

)経済活動(万物復帰)の方法や心構え、注意点などに関して、亨進様や国進様がアドバイスして下さっている内容がありましたら、教えていただきたく思いました。


)元来統一教会(家庭連合)では、教会が主管するもとでシックが経済活動を行いました。ニューファンドランドのサンクチュアリ教会では、経済活動は各家庭が自主的に行っており、教会が直接主管する経済活動は、シャツなどの記念品を教会で売っていることを除けば、行っていません。


亨進様は、万物を主管することに関しては頻繁に語られますが、万物の復帰については語られません。


先月は、主に日本から来た学生の修練会がありましたが、その参加者は、アメリカのシックがあらかじめ討ち取った鹿の皮を剥ぎ、内臓などを取り出し、骨から肉を切り取り、その肉をキャンプファイアで焼いて食べることなどを経験しました。


参照:洋介のブログ 鹿の行きつく先。(閲覧注意)


参加者たちは、私達の体に栄養を補給するために命をささげた万物に感謝する思いでその肉を食べていました。


亨進様が言われる万物主管とは、人間が天一国の主人として立ちながら、神様が下さる万物を主人の立場に立って活用することにより、サタン世界にはなるべく頼らない、自給自足の生活を目指して行くことを意味しているように私は理解します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。