質問にお答えします

サンクチュアリ教会世界宣教本部のティモシー・エルダーです。

恐縮ながらも、私も日本語でブログを始めることを決心しました。これまで1年ほどの間、ほとんど毎日ブログ村を訪問して皆さんのブログを数多く読ませていただきました。そして私がそこで果たす役割は無いのではないかと思ってきました。

しかし、サンクチュアリ系統ブログ専門のカテゴリーができるなどの環境変化に伴い、もしかしたら私の役割もあるかもしれないと考えるようになりました。

とりあえず、主にサンクチュアリ教会に対する質問にお答えする形で進めて行く考えです。質問をどしどし送ってください。

shitumonshimasu@gmail.com を、質問を送っていただく専用のメールアドレスとして設けました。「t」の後に「s」がありません。ご注意ください。

亨進王様はメシアですか?

主にサンクチュアリ教会への質問に答えるためにスタートしてブログですが、サンクチュアリの主張が他のブログなどで著しく間違った内容で論じられて’いる場合には、それを訂正する役割を果たす必要もあるようです。


喝海舟の敬天清話に次の内容が載っていました。

亨進様は原理的にどのような路程を歩まれ、いつ縦的8段階を上り、実子圏に至り、人格を完成したのか、検証する必要があると感じています。 こうした思いは、亨進様を信じている人たちから見れば、失礼なことのように思えるかもしれませんが、その人が真にメシヤであるかどうかは、慎重に見なければならないのではないでしょうか。 また「御子女様だから信じる」という信仰だと、現在は、顕進様と亨進様のどちらかをメシヤとして信じれば、どちらかを偽メシヤと考えざるを得ないような状況にあります。

文鮮明真のお父様はメシア、救世主、万王の王でいらっしゃいます。イエス様と違い、お父様は地上に神様の血統を残し、息子夫婦に「真の父母の祝福」を伝授し、ご自身の代身者相続者を指名した後に聖和されました。お父様は現在も亨進王様を通して地上の摂理を直接主管しておられます。


お父様ご聖和後の時代におけるメシアはやはりお父様であり、亨進王様はメシアではありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。