質問にお答えします

サンクチュアリ教会世界宣教本部のティモシー・エルダーです。

恐縮ながらも、私も日本語でブログを始めることを決心しました。これまで1年ほどの間、ほとんど毎日ブログ村を訪問して皆さんのブログを数多く読ませていただきました。そして私がそこで果たす役割は無いのではないかと思ってきました。

しかし、サンクチュアリ系統ブログ専門のカテゴリーができるなどの環境変化に伴い、もしかしたら私の役割もあるかもしれないと考えるようになりました。

とりあえず、主にサンクチュアリ教会に対する質問にお答えする形で進めて行く考えです。質問をどしどし送ってください。

shitumonshimasu@gmail.com を、質問を送っていただく専用のメールアドレスとして設けました。「t」の後に「s」がありません。ご注意ください。

「ヒョンジン様の近くに住みたいのですが」

)ヒョンジンニムの近くでアメリカで暮らしたいと思っています。良い情報、良い方法、ありましたら教えてください。


)最近、このような要請をいくつかいただいています。アメリカのシックも、西部に住む家庭が最近、わざわざニューファンドランドを訪問して、教会周辺の売り物件を見て回るなどしていました。実際、ニューファンドランドを回ってみると意外と多くの家の庭に「FOR SALE」と書かれた立札があり、不動産専門サイトを検索するとその他にもかなりの家が抵当流れ物件として表示されています。


しかし、実際に引っ越すことは簡単ではありません。私が見るに、次の3つのものがまず基本的に必要です。1)住居、2)職場などの経済基盤、3)車などの交通手段です。


特に車は絶対必需品です。スーパーに行って牛乳一本買うにも、車なしでは行けません。冬に備えて四輪駆動車を是非推薦します。職場を確保することも、この地域の経済が不況ですので、簡単ではありません。外国から来られる方々には、ビザとか言語の問題もあります。


それでもこの周辺に移ろうとするシックが少しずつ増えています。アメリカ西部に住んでいたある家庭は、子供とこの世の全財産をポンコツのワゴン車に詰め込んで大陸を横断してきました。到着しては「昨日の夜着いた。当分は車を教会の後ろに停めて、家族全員車の中で暮らすので、よろしく」と言うのです。信仰的と言うべきか、無鉄砲と言うべきか。


サンクチュアリ教会のシックは、訪ねてくるすべての方を「神様が送ってくださった」と捉えて、最大限協力することに努めています。ワゴン車で大陸を横断してきた家庭も、2,3日後からはサンクチュアリ教会のシックの家に泊まるようになり、現在では家を借りて独立しています。


「良い情報、良い方法」を求めておられた質問者に、悪い情報だけをお知らせしてしまったようで、申し訳ありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。