質問にお答えします

サンクチュアリ教会世界宣教本部のティモシー・エルダーです。

恐縮ながらも、私も日本語でブログを始めることを決心しました。これまで1年ほどの間、ほとんど毎日ブログ村を訪問して皆さんのブログを数多く読ませていただきました。そして私がそこで果たす役割は無いのではないかと思ってきました。

しかし、サンクチュアリ系統ブログ専門のカテゴリーができるなどの環境変化に伴い、もしかしたら私の役割もあるかもしれないと考えるようになりました。

とりあえず、主にサンクチュアリ教会に対する質問にお答えする形で進めて行く考えです。質問をどしどし送ってください。

shitumonshimasu@gmail.com を、質問を送っていただく専用のメールアドレスとして設けました。「t」の後に「s」がありません。ご注意ください。

韓氏オモニの天一国強奪クーデター

喝海舟様から二つの質問をいただきました。


問1)1つ目は、お母様はどの時点で「堕落したエバ」となったのか
問2)2つ目は、完成したエバが堕落するということを神学的にどう受け止めるか。


答1)韓氏オモニが決定的に一線を越えてサタンと一つになり、真の母の立場に立ち返る可能性が永遠にゼロになったのは、天基4年天暦1月13日(陽2013年2月23日)に行われた偽基元節だったと思います。


本来、この日にお父様と完全に一つになるはずでした。ところが、お父様を裏切って、サタンと一つになったのです。


答2)堕落したと言うことは、完成していなかったことを事実として証明すると思います。


1960年の聖婚から始まり、お父様は韓氏オモニを真の母として育てられました。例えば、韓氏オモニが講演する場合も、講演の場所と日時、そして発言内容まで、すべてがお父様を中心に決定されました。自分では何ひとつ決定できない環境でした。


しかし、一人の人間が完成することは、究極においては自分独自の判断で悪を退け善を選ぶことが一つの前提条件だと思います。だから神様はエデンの園に「善悪を知る木」を置かれたのではないでしょうか。


人間が悪を選ぶ可能性が、何故神様の創造理想の一部をなしているのでしょうか。それは善のみが存在して、悪の可能性が存在しない環境においては、人間は本当の意味で自由な存在になれないためだと思います。自由な存在でなければ、本当の意味で完成して、神様の対象になれないと思います。


お父様のご聖和によって、韓氏オモニは、初めてお父様がいらっしゃらない環境で、自分の判断で善と悪を見極めなければならない環境に置かれました。これは、良い意味では本当の意味で人格を完成してお父様と完全に一つになることが可能な環境でした。悪い意味では、堕落する危険にさらされる環境でした。


この環境における善とは、韓氏オモニがお父様を持ち上げ、自分の血統を否定して、お父様の血統の前にひれ伏すことだったと思います。具体的にはお父様が設定された後継体制をそのまま受け入れることを意味しました。


ところが、韓氏オモニはクーデターを起こして、天一国を強奪しました。


亨進王様と国進様は、2012年8月の安楽死論争から始まって偽基元節の日までの間、

何とか韓氏オモニを説得しようとしました。この期間シックに向かっては韓氏オモニを讃える発言をしました。これは堕落の絶壁に向かって全速力で走る韓氏オモニが、結局は思いとどまって真の母の正位置に戻ることを信じたために、真の母の体面を守ってあげる思いでしたことでした。


しかし2013年2月23日に、韓氏オモニは結局、自分を誰よりも愛する二人の息子を振り切って、堕落の絶壁から飛び降りてしまいました。


韓氏オモニの真の母としての救済がもはや不可能な状況に直面した亨進王様と国進様は、ペンシルベニア州に移り住み、新しい道に出発しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。